人気ブログランキング |
カテゴリ:大学( 2 )
『生涯学習論』
f0130466_21244940.jpg
生涯学習論の授業で上野動物園に行きました。
動物園は博物館に含まれ、”生きものを展示する施設”になるそうです。

三日間しかないスクーリングで”動物園での生涯学習プログラムを考える”を、
初めて会った人たちとグループワークをする
というなんとも難しい授業でした。

何か企画を考えるときに「主観的になってはいけない」と改めて気付きました。
正直、あまりプレゼンはあまりおもしろいものがありませんでした。
(えらそうですけど、本当に...。)
しかし、興味深い先生方にお会いすることができ、
動物園を違った視点でみる面白さを知り、それが今回の一番の収穫だと思います。

f0130466_2138346.jpg
たとえば、展示施設を重視して動物園を見ます。
上野動物園の”サル山”は、一番歴史が深く千葉の山をモデルにしている。
しかし、他の動物園のサル山は外国の岩山をもでるにしているらしい。
などといううんちくっぽいですが、歴史や施設デザインに注目してみるというのも
一つの楽しみかたかなと思います。
こういう施設もちゃんとデザイナーがいるんだなぁ~と思うと興味深いです。

f0130466_21424376.jpg
都会の動物園にはありがちなビルと混在する風景。
これも何か、逆に環境を考えさせられる気もします。
動物園というのは最初は動物の飼育施設でありそこから展示施設になり、
人間が楽しむための施設と位置付けられていると感じますが、
現代では、野生動物や地球環境を考えるきっかけを与える博物館として存在しているようです。

そして、動物に対しても擬人化することは一番危険な行為らしいですよ!
動物の行動を人間に置き換えて考えてはいけないそうです。
私もやりがちですが...。



17th June-19th June 2011
by 8ug_sky | 2011-06-26 21:53 | 大学
春期スクーリング 『文章表現Ⅰ』
f0130466_22351749.jpg
門前に静かに座るサバオさん。


美大の通信課程に入学して早半年。
提出できた課題は、問題形式の『英語Ⅰ』のみ。
レポート形式の課題はなかなか進まず煮詰まっていました。
しかし、今回『文章表現Ⅰ』というレポートの書き方を勉強する授業
(スクーリング(面接授業:通学))を受け、やっと、課題が進められそうです。

二日間ある授業ですが、一日目は久しぶりに一日中座っているためか
睡魔にかなり襲われzzz...ノートは学生時代を思い出すヘビ文字で解読不可能に...。
それでもなんとかこらえてポイントはおさえました!
二日目は一度も睡魔に襲われることなく無事模擬レポート提出。
文章をあまり書いたことのない私...先生にはまるわかりです。
「若いんだからたくさん書く作業をしてがんばって。」と。
(あんまり若いともいえないけどね...)
講師の佐久間先生は辛口ですが考え方が柔軟で授業はわかりやすかったです。

日本人は文学を好み、文章を書く際に文学的要素を無意識に入れてしまうこと。
(よ~くわかります!いつもなぜかきれいに作ろうとしてしまう。)
欧米人はまず答えから入り客観視が上手だが、日本人は説明から入りとても主観的な表現になること。
(英会話の授業を受けているとこれはものすごくわかります。)
日本の国語教育の面で作文や読書感想文があるがこういったやり方では国際的に通用しないこと。
(英語ができないといわれる理由のひとつがこれではないのか?)
など、とても勉強になりました。

次回は『絵本』のスクーリングです。その前にやらなくてはいけない課題が山積み...。
by 8ug_sky | 2011-05-15 23:03 | 大学